旭化成、生成AI活用拡大 新デジタル基盤を整備

(2023/12/7 17:00)

旭化成は7日、デジタル変革(DX)に関する戦略説明会を開き、生成人工知能(AI)の活用を拡大する方針を示した。2024年1月から社内データと生成AIをひも付ける新たなデジタル基盤を整備し、従業員が業務において、より使いやすくできるようにする。社内のDX人材育成プログラムでは生成AIコースを開始し、業務の質向上や効率化を推し進める。

  • DX戦略について説明する工藤社長

旭化成は生成AIについて、外部への情報漏えい対策を施した安全な環境下でのウェブ公開情報を基にした回答に加えて、社内データ連携による特許作成など専門性の高い業務に利用できるようにしている。ただ社内データの活用には専門チームの対応が必要となるため、より手軽に使えるデジタル基盤体制を整える考えだ。オンラインでのチャットを通じた生成AIのコミュニティーで交流を活発化しており、積極的な生成AIの活用も促す。

人材育成面では、全従業員を対象とした育成プログラム「DXオープンバッジ」で生成AIコースを開講。生成AIプログラミングを含む実習コースも展開する。生成AIでの社内データと組み合わせた活用方法なども教育する。工藤幸四郎社長は「今後のビジネスは未来を予測することから始まる。生成AIはそのためのツールの一つとして活用していきたい」と語った。

旭化成は中期経営計画で24年度に高度なデジタル人材を21年度比10倍の2500人に増やす目標を掲げるなどDX戦略を加速する。マテリアルズ・インフォマティクス(MI)の活用などでも成果を上げている。久世和資取締役専務執行役員は「全員参加型で現場主導、共創を起点に進める」と述べた。

(2023/12/7 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン