車載モジュールの過熱保護を容易に付与 三洋化成など、マイクロ温度ヒューズ開発

(2023/12/7 17:00)

  • フロスフィアの手がける基板埋め込み型パワーモジュール。従来のパワーモジュールと比べ体積が100分の1以下

【京都】三洋化成工業と半導体スタートアップのFLOSFIA(フロスフィア、京都市西京区、人羅俊実社長)は7日、フロスフィアが手がける、基板埋め込み型パワーモジュールに埋設できるマイクロ温度ヒューズを開発したと発表した。同ヒューズを埋設した同モジュールを活用することで、簡単に過熱保護機能を付与でき、アプリケーション開発期間やコストの削減が見込める。車載向けでの利用を想定しており、今後、実用化に向け開発を進める。

マイクロ温度ヒューズは三洋化成が開発した、極微小でも適切な作動温度で通電を遮断できる可溶体が材料。フロスフィアの基板埋め込み型モジュールに埋設することで、過熱発生時、ヒューズを断線させて異常箇所以外を保護し、全体の機能は維持させるフェイルオペレーション機能を実行する。

近年、自動車業界など高い信頼性が求められる用途では、同機能が備えられつつあるという。一方、外付けで同機能を付与すると、システム全体が大型化するほか、開発期間・コストが拡大する課題があった。

(2023/12/7 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン