トヨタの4―12月期、営業益2倍4.2兆円 全地域で販売伸長

(2024/2/6 17:00)

  • 単位億円、増減率%、下段通期見通し▼は赤字・マイナス。配当がある場合の上段カッコ内は前の期の実績、下段通期見通し

トヨタ自動車が6日発表した2023年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、売上高とすべての利益段階が過去最高を更新した。半導体不足が緩和しグローバルで生産や販売が好調に推移したほか、車両の採算改善や円安効果などが利益を押し上げ、営業利益は前年同期比2・0倍の4兆2402億円で着地した。24年3月期連結業績予想も販売台数増や価格改定など営業面の努力を織り込み、売上高と各利益段階を上方修正した。当期利益の予想は前回公表時から5500億円積み増し、4兆5000億円(前期比83・6%増)と初の4兆円台に乗せる見通しだ。

23年4―12月期の売上高は前年同期比23・9%増の34兆227億円、当期利益は同2・1倍の3兆9472億円だった。商品力向上や原価低減といった長年の取り組みによる経営体質の強化が好業績を下支えした。

販売は全地域で伸びた。特に北米や欧州などでは需要が底堅く推移した。中国では景気が後退局面に差し掛かっているものの、ハイブリッド車(HV)を中心に販売台数を維持した。

営業利益が増加したのは、営業面の努力として1兆9900億円を積み上げた影響が大きい。高収益車両や主力のHVの販売が増加したほか、北米や欧州での価格改定が寄与した。資材高騰による営業損益ベースのマイナスは3700億円だった。

24年3月期予想は売上高と各利益段階を上方修正した。24年3月期のトヨタ・レクサス生産台数見通しは、前回発表の1010万台を据え置く。想定為替レートは従来予想から変更し、米ドルを2円安の1ドル=143円、ユーロを2円安の1ユーロ=154円とした。

(2024/2/6 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン