キオクシア、最先端NAND拠点に7200億円投資 経産省が一部支援

(2024/2/6 17:00)

半導体大手キオクシアホールディングス(HD、旧東芝メモリ)は6日、同業の米ウエスタンデジタル(WD)との合弁会社が岩手県と三重県の製造拠点で総額約7300億円を投資し、最先端のNAND型フラッシュメモリーの量産を始めると発表した。このうち、経済産業省が最大約2430億円を支援する。今後、生成人工知能(AI)や自動運転など向けに最先端のフラッシュメモリー需要が高まると見て、安定的な生産拠点を国内で確保する。

  • 三重県四日市市にあるキオクシアの工場

6日の閣議後会見で斎藤健経産相は、「日米が連携して世界の需要に対する供給責任を果たす。地域経済への波及効果も期待できる」と述べ、経済安全保障の観点からも重要であると強調した。

合弁会社が四日市工場(三重県四日市市)および北上工場(岩手県北上市)で進める、処理能力や省エネ性能などを高めた「第8世代」「第9世代」のフラッシュメモリーの生産に4500億円を投資し、このうち経産省が1500億円を補助する。2025年9月から順次出荷する。また、すでに認定した四日市工場での929億円の支援計画では、一部変更したうえで「第6世代」および「第8世代」の製品を生産する。

世界的な生成AIブームの中で、短期記憶に優れた高性能のDRAMの需要は拡大しているものの、長期記憶向けのNANDはパソコンやスマートフォンなどの需要低迷で市況の軟調が続いている。経産省幹部は、日本に最先端のNANDの生産拠点が残っていれば、「DRAMとNANDではそれぞれメリットが違う。データの利活用が進めばNANDの活用も進む」としており、新たな需要の掘り起こしも期待できるとしている。

(2024/2/6 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン