24春闘/トヨタ、満額回答 「人への投資」加速

(2024/3/13 17:00)

  • 会見するトヨタの東総務・人事本部長

トヨタ自動車は13日、2024年春の労使交渉(春闘)が妥結したと発表した。同日実施した4回目の交渉で賃金と一時金要求に満額回答した。また、労使交渉の中で議論を積み上げ、工場整備や再雇用者の処遇改善、初任給の引き上げなど働きやすさとやりがい向上を含む「人への投資」を強化することを決めた。

13日に愛知県豊田市の本社で会見した総務・人事本部の東崇徳本部長は「10年先を見据えた働き方を徹底的に話した」と説明。環境、仕組み、賃金・賞与の3項目で、人への投資に対応することも明らかにした。賃金・一時金では労組が要求した最大で月2万8440円の引き上げ、一時金は7・6カ月分と過去最高水準の賃上げに応じる。物価上昇に伴う生活の安定に加え、次世代の投資を強化すべく初任給も引き上げる。

働きやすいモノづくり環境の整備ではトイレなどの更新を24年度にも完了し、27年度に向け新設。期間従業員の食堂利用を半額化するほか、職場ニーズに基づき65歳以上の雇用も進める。

職種の変更を可能にしたり、マネジメント層の役割を定義ながらサポートポストを設置したり、やりがいづくりにも取り組む。教育や採用も「一律から脱却する」(東本部長)とした。

(2024/3/13 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン