ヨシオ工業、多様性育み時代に順応 学び直し・副業奨励

(2024/4/9 12:00)

  • 大規模な設備投資を実施。最新の工作機械を複数導入し、顧客や仕事の幅が広がった

1961年に石川県野々市市で創業したヨシオ工業(石川県白山市、徳野新太郎社長)。かつては自社ブランドの小型ラジアルボール盤を主力としてきたが、現在は工作機械メーカーとして培ってきた技術力を生かし、機械部品の設計・加工や大手メーカーへのOEM(相手先ブランド)供給といった請け負い型の事業モデルに転換、成長している。リスキリングや副業容認などで従業員の多様性を育み、変化の激しいデジタル時代に順応している。

「社会に価値を認められるような人材に育ってほしい。社会とのつながりの中で個人の力がアップデートされ、それを最大化することで結果的に企業価値向上につながる」。徳野社長の持論だ。

徳野社長が家業を継いだのは2021年。長年勤めた東京の会計事務所を辞め、18年から経営に携わってきたが、債務超過すれすれの赤字体質が定着していた。「だらだら仕事をしているな」。当時はもどかしい思いを抱えていた。

社長就任後、真っ先に手を打ったのは従業員のマインドセットだ。「業績が悪いのはなぜだと思う?」。すべての従業員と対話する中で、学びが仕事に対するやりがいを取り戻す近道だと分かった。

  • 独自の社内イントラネット「ヨシオ・ポータルサイト」を操作する盛田組立加工部部長。業務連絡や申請などはすべてここから可能

県内同業の会社見学や顧客訪問などを重ねたほか、従業員の3―4割を配置転換した。さらに複数の社員にはファクトリーサイエンティスト協会のリスキリング講座を受講してもらい、イノベーションを創出するデジタル人材の育成に力を入れた。多様性を受け入れる企業風土が醸成され、従業員のコミュニケーションも深まった。

加えて副業も解禁。パン屋に美容師、カメラマンなど10人弱が副業しているという。「検定や副業などで技能を高め、自分の市場での評価も理解してほしい」(徳野社長)。

ヨシオ工業の業績は22年3月期以降、各利益段階で黒字化し、23年には過去最大級の設備投資を実行した。DMG森精機の5軸加工機など高性能の工作機械を導入、顧客の裾野や「仕事の幅が広がった」(盛田義浩組立加工部部長)。25年3月期も「5―10%の増収が期待できる」(徳野社長)という。

「10年で社長を辞めます」(同)。従業員にはそう伝えてある。「世襲にせず、生え抜きから次期社長を選ぼうと。それも従業員のモチベーションにつながる」(同)。徳野社長は今、スタートアップなど外部の複数企業の経営にも参画しているほか、ヨシオ工業の株式上場も見据え、多忙な日々を送る。

(2024/4/9 12:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン