昨年度の工作機械受注、14.8%減 3年ぶりマイナス 日工会速報値

(2024/4/9 17:00)

日本工作機械工業会(日工会)が9日発表した2023年度の工作機械受注額(速報値)は、前年度比14・8%減の1兆4531億3300万円だった。3年ぶりの減少となったが、3年連続で1兆円を上回った。22年度と比べ半導体や自動関連の需要が落ち着き、中国経済減速の影響も受けた。

内需は同21・3%減の4575億1300万円で、3年ぶりのマイナスとなった。外需は同11・4%減の9956億2000万円と4年ぶりに減少。3年ぶりに1兆円も割り込んだ。

3月単月は前年同月比3・8%減の1356億4700万円で、15カ月連続のマイナスとなった。前月比では18・8%増と2カ月連続で増加した。 

日工会では「期末効果もあり前月比では予想通り上がったが、4月以降も続くのか様子を見ていく必要がある」と慎重な見方を示した。

内需は前年同月比0・2%減の492億4900万円と、19カ月連続でマイナス。外需は同5・7%減の863億9800万円と15カ月連続で減少したものの、850億円を3カ月ぶりに上回った。

(2024/4/9 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン