社説/日米韓・日中韓首脳会談 中国と対立・協力の均衡維持を

(2024/4/12 05:00)

「日中韓」首脳会談が5月下旬、「日米韓」首脳会談が7月開催の方向で調整されている。「日米韓」は対中国を念頭に、国際秩序の維持に向けた結束をさらに強化したい。一方、「日中韓」は未来志向で実務的な協力関係を模索し、安全保障をめぐる東アジアの緊張を緩和させる必要がある。両首脳会談を実現し、日米韓は対中国で「対立と協力」の均衡を維持することで、不測の事態を回避したい。

10日に開かれた日米首脳会談は、日米同盟を新たな次元に深化させ、中国は反発を強めている。自衛隊と米軍の指揮統制の連携を強化するほか、日本は防衛装備品で米国との共同開発や対米輸出に踏み込む。日本は米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」への技術協力も検討する。中国が覇権主義的な動きを強める限り、日米による同盟深化は適切な判断だ。

中国の威圧を受けているフィリピンを交えた11日の日米比首脳会談は、日米同盟を軸に、多国間協力の枠組みづくりに動くものだ。自由で開かれた国際秩序の維持に向け、東南アジア諸国連合(ASEAN)や太平洋島しょ国などで“仲間づくり”を加速することが求められる。

7月に開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議には日韓首脳も招かれる方向で、日米韓首脳会談の開催も調整されている。10日投開票の韓国総選挙では野党が過半数を占め、尹錫悦(ユンソンニョル)大統領の求心力の低下が、改善した日韓関係に影響を及ぼさないか心配だ。韓国は超党派で日韓関係を維持し、日米韓一体で東アジアの安全保障維持の責務を担ってもらいたい。

日中韓の首脳会談は、日米韓に先立つ5月26、27日を軸に調整されている。実現すれば約4年半ぶりの開催になる。5月20日には台湾の新総統に民進党の頼清徳氏が就任し、中国による台湾への威圧が強まることも想定される。2023年11月の日中韓外相会談では安全保障や貿易・経済など6分野で協力を進めることで一致しており、今回の首脳会談でも3カ国が地域の安全・発展に積極的な役割を果たすことを確認してほしい。

(2024/4/12 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン