日本初の「世界的先進工場」 日立製作所大みか事業所、価値連鎖で全体最適化

(2024/4/17 12:00)

1969年操業の日立製作所の大みか事業所(茨城県日立市)は、電力や鉄道、製鉄所、上下水道など、社会インフラの稼働を制御する情報制御システムの開発・製造、運用・保守を手がける。「OT(制御・運用技術)の日立グループにおける中心的な事業所」(徳永俊昭副社長)であり、ITとの融合を進め、複雑化する社会課題解決に貢献する。

  • 社会インフラの稼働を制御する情報制御システムの開発・製造、運用・保守を手がける大みか事業所

大みか事業所は、東京ドーム4個分に相当する面積約20万平方メートルという広大な敷地に、関係会社社員を含む約4000人が働く。2020年1月には世界経済フォーラム(WEF)から、第4次産業革命を主導する世界的先進工場(ライトハウス)として日本企業の中から初めて選ばれた。供給と稼働を安定的に支える工場内のバリューチェーン(価値の連鎖)による全体最適化が評価されたという。

日立製作所社会ビジネスユニット制御プラットフォーム統括本部の千葉大春統括本部長は「生産の効率化だけでなく、事業の継続可能性や社会環境へのインパクト、人材育成や働き方などさまざまなポイントから審査を受けた」と説明する。

工場内のバリューチェーンとしては、例えばハードウエアの設計・製造に貢献する高効率生産モデルの確立では、現場で「人」「設備」「モノ」「方法」の四つのデータを積極的に活用した。センシングによる生産現場の“見える化”のほか、属人化している「暗黙知」のモデル化など、データ収集と分析、対策の循環を推進することで、代表的な製品の生産リードタイムを約50%削減することができた。

  • 技能五輪に向けた選手育成は若手育成と技能継承の貴重な機会になる

また、システム試験の実施では、顧客の実機稼働中の環境では不可能なため、本番と同じ環境をサイバー空間で模したシミュレーターを活用した。「システム試験を工場内で網羅的に実施することで、お客さまからの変更などの要望に対し、安心・安全なオペレーションができるように支援している」(千葉統括本部長)。

一方、人材育成としては技能研修の例として技能五輪が挙げられる。「工場電気設備」部門に選手を毎年派遣しており、大みか事業所からは優勝も含む上位入賞者を輩出するなど、「若手の育成とベテランの技術継承、その両面で大切な機会」(同)となる。

社会インフラを24時間365日支え続ける情報制御システムは、安全性や信頼性の確保はもちろんだが、時代に即した絶え間ない変革も不可欠となる。大みか事業所の取り組みは日立のモノづくりを一層進化させる。

(2024/4/17 12:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン