富士フイルムHDが新中計、30年度売上高4兆円 バイオ医薬など重点

(2024/4/17 17:00)

  • 新中計を説明する後藤社長

富士フイルムホールディングス(HD)は17日、2024ー30年度の7カ年を対象とする中期経営計画を発表した。30年度に売上高4兆円、営業利益率約15%を目指す。成長領域と位置付けるバイオ医薬品の開発・製造受託事業(CDMO)や半導体材料を中心に、24ー26年度の3カ年で総額1兆9000億円の成長投資を行う。後藤禎一社長は「収益性と資本効率を重視した経営により、ステークホルダーの価値を生み出す」と述べた。

中計期間中の26年度に売上高3兆4500億円、営業利益3600億円、当期利益2700億円を目指す。26年度までに積極投資し、27年度以降に利益獲得段階へ移る方針。30年度には自己資本利益率(ROE)10%以上、投下資本利益率(ROIC)9%以上を達成するとした。

富士フイルムHDは従来、30年度に売上高を3兆5000億円以上にする長期目標を掲げていた。ヘルスケア分野では23年度までに独自技術を活用したドラッグデリバリーシステム(DDS)に注力。次世代医薬品の核酸医薬品や、メッセンジャーRNA(mRNA)のプロセス開発・製造受託ビジネスも展開した。高機能材料領域では先端半導体の微細化・高集積化に応じた幅広い製品を提供してきた。

(2024/4/17 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン