大ガス、メタネーション実証設備完成 夏以降に万博会場へ移設

(2024/5/17 17:00)

  • バイオメタネーション装置

大阪ガスは17日、大阪広域環境施設組合(大阪市阿倍野区)のゴミ焼却場である舞洲工場(同此花区)の敷地内に、メタネーション実証設備を完成させたと発表した。生ゴミからバイオガスを製造し、さらに同ガス中の二酸化炭素(CO2)を再生可能エネルギー由来のグリーン水素と反応させ、合成メタン(e―メタン)を製造する。7月末まで実証し、8月以降に2025年大阪・関西万博の会場である夢洲(同此花区)に移設する。

バイオメタネーション装置だけでなく、日立造船によるサバティエメタネーション装置も組み合わせ、メタン濃度を高める。濃度は95―98%程度になる見込みで、1時間当たり5立方メートル製造する。万博会場への移設後は、同7立方メートルを製造する予定だ。

大阪ガスの後藤暢茂常務執行役員は17日の竣工式で「生ゴミの性状がさまざまなので、いかに安定的にメタンを製造できるかがポイントになる」と説明した。万博会期中は食品残さからe―メタンを製造し、会場内の厨房施設などへ供給する実証を行う。

(2024/5/17 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン