[ ロボット ]

【電子版】筑波大、遺伝子ドーピング検査自動化 ヒト型バイオ実験ロボ公開

(2018/5/23 22:00)

  • 筑波大が遺伝子ドーピングの自動検査に使う研究を進めているバイオ実験ロボット「まほろ」(後方はロボット開発者の夏目徹・産業技術総合研究所センター長)(23日、時事)

 スポーツ選手のドーピング検査を自動化する研究に取り組んでいる筑波大は23日、ヒト型バイオ実験ロボットを報道陣に公開した。酸素を運ぶ赤血球を増やしたり、筋肉を増強したりするドーピングは、従来の薬物から遺伝子操作に移行すると予想され、検査が難しくなる。ロボットの活用で検査の信頼性と効率の向上を目指す。

 このバイオ実験ロボット「まほろ」は安川電機(本社北九州市)の産業用ロボットを基に開発され、1台約1億円。開発した夏目徹・産業技術総合研究所創薬分子プロファイリング研究センター長(筑波大客員教授)は「2020年の東京オリンピックには間に合わないが、国際的に活用してもらえるようにしたい」と話した。

 まほろは、人の上半身を一回り大きくしたサイズだが頭部はない。センサーやカメラで実験機器やサンプルの位置、状態を正確に捉え、自在に動く両腕で精密に操作する。今後の研究で、選手の血液などから遺伝子ドーピングの証拠となる物質を確実に検出できるようにする。

 夏目センター長は「遺伝子ドーピングの検査は人手と時間がかかり、必ずエラー(間違い)が起きる。作業記録が詳細に残り、監視カメラが付いたロボットならエラーのほか、恣意(しい)的なサンプリングやデータ改ざんも防げる」と説明した。(時事)

(2018/5/23 22:00)

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる