社説/中小の新卒採用苦戦 賃上げ・人材確保へ事業再生を

(2024/2/2 05:00)

中小企業が新卒採用(2024年4月入社)で苦戦している。日本商工会議所によると、計画した採用数に満たなかった企業は7割を超え、採用できなかった企業は3割に達した。5割の企業が初任給を引き上げたが、採用が進まない厳しい実態が浮かび上がった。中小企業が人材確保を狙った「防衛的賃上げ」の効果を疑問視し、厳しい経営環境から賃上げ率を抑える動きが広がらないか懸念される。

日商の調査によると、新卒採用を「実施した」企業は全体の35・8%。実施企業のうち「採用できたが計画した人数に満たなかった」(43・2%)と「募集したが採用できなかった」(30・8%)を合わせると74・0%に達した。企業の50・2%が初任給を引き上げていた。

24年春季労使交渉(春闘)は中小企業の賃上げ率が前年を上回るかが焦点になる。新卒採用のほか既卒採用を増やすため、人材難が深刻なサービス業を中心に防衛的賃上げが相次ぐと想定される。ただ東京商工リサーチの23年12月調査では、24年の賃上げ率が前年を超えそうな中小企業は1割にとどまった。製造業や建設業の間では、資源高や人件費高騰を受けて採用を手控える動きもある。防衛的賃上げにもおのずと限界があり、中小企業の動向は予断を許さない。

連合によると、23年春闘では300人未満の中小組合の賃上げ率は3・23%。比較可能な13年以降で最高の伸び率だった。ただ日商の調査では1月の全産業の業況DI(指数)は物価高と人手不足を背景にマイナス11・4と悪化している。24年に2年連続で高水準の賃上げを実現できるかは不透明感を拭えない。

政労使は、中小企業の賃上げ分を取引価格に上乗せする価格転嫁の推進を訴える。ただ、これだけで持続的な賃上げを実現するのは難しい。24年に倒産の大幅増が予想される中、金融庁は今春に金融機関向け監督指針を改正し、中小支援の軸足を資金繰りから事業再生に移す。中小企業は、生産性向上や新たな価値の創出により賃上げ原資を確保し、新卒採用でも学生から選ばれる企業に変革したい。

(2024/2/2 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン