産業春秋/マレーシア、米中対立より日本の投資に関心?

(2024/5/28 05:00)

マレーシアの産業は「30―40年前とは違う」。23日に日本記者クラブを訪れたアンワル首相は、大きく高度化を遂げたと強調した。当時、日本が盛んに投資した分野から、現在の産業構造は様変わりしている。

日本の現地への投資は「田中首相、福田首相の頃から」。テレビなどモノづくりが中心だった。それが今や「半導体ではハブとなっている。米国やドイツから投資がある」。人工知能(AI)への取り組みもあり、エネルギー関係では中東からの投資も増えているという。まさに世界のトレンドに乗っている。

マレーシアの2023年の国内総生産(GDP)は約4300億ドルで、世界36位。40年前の10倍。東南アジア諸国連合(ASEAN)ではフィリピン、ベトナムと拮抗する。

マレーシアの最大の貿易相手国は中国。中国の台湾への威圧は「喫緊、紛争につながるとは考えない」。米中台が「うまくいくようにと望む」。

日本とマレーシアは23年12月の首脳会談で、両国の関係を「包括的戦略的パートナーシップ」に格上げすることを確認した。米中対立が激化する中、日本は民主主義陣営への囲い込みを狙うが、マレーシアの視線は日本からの投資拡大にある?

(2024/5/28 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン