環境・エネルギー ニュース

(2017/8/17 05:00)

JXTG、川崎地区で原料・エネ融通 統合効果50億円

JXTGホールディングス(HD)は川崎地区(川崎市川崎区)にあるグループ拠点間で洗剤原料やエネルギーの融通に乗り出す。旧JXホールディングスと旧東燃ゼネラル石油の拠点間をパイプラインでつなぎ、2017年度にも化学品原料や工場で使うエネルギーを相互供給する。統合シナジー最大化の取り...

ニュース拡大鏡/製造業が水リスク対策−再利用・点検・評価進める

製造業が将来の水問題が事業に影響を及ぼす「水リスク」の対応に乗りだしている。富士通は2016年度、水使用量を13万9000立方メートル減らし、目標の1万立方メー...

続きを読む

DIC、バイオマスボイラを導入

DICは2018年1月をめどに、合成樹脂を手がける北陸工場(写真、石川県白山市)に木質チップを燃料とするバイオマスボイラ1基を導入する。液化天然ガスを使う既存ボ...

続きを読む

リープトンエナジー、中国で太陽光パネル工場稼働

リープトンエナジー(神戸市中央区、周鳴飛社長、078・382・3182)は、中国江蘇省常熟市に建設した太陽光パネルの新工場(写真)を21日、稼働させる。生産能力...

続きを読む

富士通、来年度再生エネ利用6%超 蓄電池技術に力

富士通は2018年度までに再生可能エネルギーの利用割合を6%以上にする目標を設定した。再生エネの導入拡大とともに、利用効率を高める蓄電池の制御技術の開発に取り組...

続きを読む

環境・エネルギーニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン