[ 中小・ベンチャー ]

コイワイ、ISS・実験回収機向けノズル開発 JAXAと連携

(2016/11/11 05:00)

【横浜】コイワイ(神奈川県小田原市、小岩井豊己社長、0465・44・2015)は国際宇宙ステーション(ISS)で実験した成果物を回収する小型カプセルの部品「スカーフノズル=写真」を3Dプリンターで製作した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)などと連携して生産手法を開発。部材を溶接して製作する既存品と同等の性能で、重量を65%削減の67グラムとした。今後、JAXAに採用を働きかける。

同ノズルは宇宙ステーション補給機(HTV)に搭載する小型回収カプセルの姿勢制御を行う。内部は二重構造で、推進力となる高圧窒素ガスなど流体が通る微細な管が屈折している。ノズルの出口は噴射軸に対して斜めにカットされている。

素材はアルミニウム6%、バナジウム4%を含む64(ロクヨン)チタンを使用。3Dプリンターを使うことで、ムダを最大限省いた設計が可能になった。

製作には経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)を利用。由紀精密(神奈川県茅ケ崎市)が仕上げの精密切削加工を担当した。東北大学金属材料研究所の千葉晶彦教授と早稲田大学輸送機器・エネルギー材料工学研究室の吉田誠教授が材料面で、IHIエアロスペースと三菱重工業が航空宇宙関連で知見を提供した。

(2016/11/11 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

機械設計者の基礎技術力向上 
図解力を鍛えるロジカルシンキング
~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

機械設計者の基礎技術力向上 図解力を鍛えるロジカルシンキング ~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン