[ 中小・ベンチャー ]

埼央エンジなど、6サイクルエンジン開発 出力1.5倍、排ガス半減

(2017/2/16 05:00)

【川越】埼央エンジニアリング(埼玉県鳩山町、佐藤茂社長、049・296・3277)は、ところざわ自動車学校(同所沢市、澤田福衛社長)と共同で、4サイクルと2サイクル双方の作動原理を組み合わせた6サイクルエンジン「スーパー6サイクルエンジン=写真」を完成した。約3年前に開発した旧6サイクルエンジンの改良版。市販軽自動車の660ccガソリンエンジンに改良を加え、出力で1・5倍程度、排ガスは約半分に減るという。燃料効率は1気筒1分当たり30cc。今後、実車走行実験に移る。

同エンジンは、4サイクルと2サイクル工程を交互に行うハイブリッド式。既存の4サイクルエンジンのシリンダーやピストンをそのまま使用。カムシャフトの改良などにより、燃料ガスの吸排気の仕組みを変え、プラグの点火回数を増やすだけで完成させた。ピストンの4サイクル運動の4サイクル目の排気動作と同時に外気を取り入れ、シリンダー内に残った燃料ガスを2サイクルで燃やす仕組みだ。

2サイクルでのシリンダー内燃料ガス濃度が同4サイクルより、薄くても済む原理を利用。2サイクル工程で取り入れた空気を外部チャンバーで圧縮していた旧型エンジンのプロセスをなくし、シリンダー動作をよりスムーズにした。佐藤社長は「4サイクルエンジンが1回の燃焼でシリンダー2回転するのに対し、6サイクルエンジンは2回の燃焼で3回転のため大きなパワーを生む。また、燃焼回数も多いため、エンジンのかかりが早いのも特徴だ」という。

(2017/2/16 05:00)

関連リンク

モノづくり基盤・成長企業のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン