[ 科学技術・大学 ]

化石燃料の燃焼や森林破壊、サンゴの生育阻害−東大など評価

(2017/8/22 05:00)

東京大学大気海洋研究所の横山祐典教授らは21日、化石燃料の燃焼や森林破壊が、サンゴなど海洋生物の生育に悪影響を与える可能性があると発表した。海洋生物の生命の揺りかごとされるサンゴの生育の阻害は、漁業や観光業などに悪影響を与える。

人為起源の二酸化炭素(CO2)のうち約3分の1の量は海に取り込まれるという。CO2は海水に溶けると、海水の水素イオン濃度(pH)を低下させる「海洋酸性化」を引き起こす。

研究グループは、海洋酸性化の履歴を骨格に記録する「塊状ハマサンゴ」を北西太平洋の父島(東京都)と喜界島(鹿児島県)で採取。海洋酸性化がサンゴの石灰化(骨格形成)に与える影響を評価した。

その結果サンゴの骨格を造る場所「石灰化母液」のpHを、海洋酸性化が低下させ、石灰化に悪影響を及ぼす可能性を突き止めた。

海洋研究開発機構などとの共同研究。成果は英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに...

(残り:14文字/本文:414文字)

(2017/8/22 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録 することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン