[ 科学技術・大学 ]

がん治療に期待 東大など、安全性高い核酸ワクチン開発

(2017/10/12 05:00)

  • 免疫賦活化効果を高めたメッセンジャーRNA (mRNA)(東大提供)

東京大学の内田智士特任助教や片岡一則特任教授、東京医科歯科大学の位高啓史教授らは、安全性が高く、標的の感染症に対して自由に設計可能な「核酸ワクチン」を開発した。遺伝情報を持つmRNA(伝令RNA)に別のRNA(リボ核酸)を組み合わせ、体の免疫を活発にする2本鎖RNAの構造を持つmRNAワクチンを作製。マウス投与で効果を確認した。感染症の予防やがん治療のためのワクチン開発などが期待される。

mRNAワクチンは病原体や毒素を使わないため、安全性が高い。また感染症などの原因となる標的分子を自由に作り替えられるため、新型インフルエンザやジカ熱などの感染症に対し、素早くワクチンを設計し製造することができる。

研究グループは、免疫を活性化する機能を持つ50ナノ―100ナノメートル(ナノは10億分の1)の長さのmRNAワクチンを作製した。ワクチンをマウスのリンパ節に注射したところ、ワクチンの効果に重要とされる免疫細胞の増殖を促すことを確認。さらにがんや感染症に対する免疫機能が高まることも分かった。

さらにヒト由来の免疫細胞に対しても、免疫を活性させる作用があることを突き止めた。

成果は12日、国際科学誌バイオマテリアルズ電子版に掲載される。

(2017/10/12 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン