[ 自動車・輸送機 ]

スズキ、安全運転技術 全車種展開 第1弾は「スペーシア」

(2017/11/8 05:00)

  • 東京モーターショーで公開した「スペーシア」のコンセプトモデル

スズキは、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの安全技術を「スズキ・セーフティーサポート」として今後、全車種に展開する。第1弾として、年内にも発売予定の新型「スペーシア」に軽自動車初の誤発進による後方の自動ブレーキシステムなど、先進の安全技術を搭載する方針だ。

スズキ・セーフティーサポートは、レーダーやカメラを使って衝突を回避したり、被害を軽減したりする技術が4種類。誤発進や車線逸脱を抑制する機能など9種類の計13種類。機能が増え、センシング技術も複数ある安全技術をパッケージ化することで、ユーザーに安全技術をわかりやすく伝える。

新型スペーシアには誤発進による後方の自動ブレーキシステムや、車速や警告などの情報をフロントガラスに投影するヘッドアップディスプレーなど軽初の技術を搭載すると見られる。車種ごとに最適な技術を搭載し「軽自動車から小型車まで幅広く展開していく」(鈴木俊宏社長)考え。

スペーシアが属する軽背高ワゴンは軽市場でもっとも人気の高い激戦区。販売台数トップのホンダ「N―BOX」が9月の全面改良によって先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備しており、これに対抗していく狙いもある。

また、安全技術の一部は今春に輸出開始した欧州向けの新型「スイフト」にも設定した。小さな車に高度な技術をコストを抑えながら搭載するのはスズキの得意とするところ。今後、欧州やアジアで普及している小型車を中心に、地域のニーズや道路事情に応じて海外展開も拡大していく。

(2017/11/8 05:00)

自動車のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる