[ 建設・住宅・生活 ]

【電子版】「競争入札では儲からない」大林組、談合理由を説明

(2017/12/21 18:30)

 リニア中央新幹線工事をめぐる談合事件で、大手ゼネコン大林組の幹部らが東京地検特捜部の事情聴取に対し、大手4社で受注調整をした理由について「JR東海の示した予算が少なく、利益を確保するためだった」と説明していることが21日、関係者への取材で分かった。

 談合の動機に関する具体的な説明内容が明らかになるのは初めて。受注調整の協議を始めたのは、事業主体のJR東海が工事予算を公表した2014年ごろだったとも話しており、特捜部と公正取引委員会が詳しい経緯を調べている。

 JR東海は14年8月、品川―名古屋間の工事実施計画を国に申請した。その際、工事費の予算は約4兆円に上ると公表した。関係者によると、特捜部は今月8日に大林組を偽計業務妨害容疑で家宅捜索して以降、同社土木部門トップの副社長(66)や担当部長らを任意で聴取。副社長らは当初不正を否定したが、その後大手4社による受注調整を認めた。

 さらに「JR東海が14年に公表した予算を基に各工事の費用を積算した結果、正面から入札で競争すると利益を確保できないと判断した」と説明。当初は大林組、鹿島、大成建設の3社で受注調整を行い、後から清水建設も加わったという。

 JR東海などはこれまでに計22件の工事を契約し、うち15件を大手4社の各共同企業体(JV)がそれぞれ3~4件ずつ受注している。

 リニア工事の入札をめぐっては、大手4社の幹部らが工事ごとに事前協議していたことが判明。特捜部と公取委は、ゼネコン側が受注予定企業をまとめた一覧表も入手しており、調整の裏付けを進めている。(時事)

(2017/12/21 18:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる