[ 科学技術・大学 ]

遺伝性パーキンソン病、東北大が発症メカニズム解明 悪玉たんぱく質蓄積

(2018/1/29 05:00)

  • DNAJC13遺伝子の異常による神経細胞死誘導の概念図(東北大学提供)

東北大学大学院医学系研究科の長谷川隆文准教授らは、細胞内の物流システムに関係する遺伝子「DNAJC13」の変異が原因となる「遺伝性パーキンソン病」の発症メカニズムを明らかにした。変異が神経細胞への悪玉たんぱく質「αシヌクレイン」の蓄積と、ドーパミン神経細胞死を引き起こしていた。パーキンソン病の発症メカニズム解明や治療法開発につながる。

研究チームは、細胞内の物流システムに着目。DNAJC13遺伝子の変異で生じた異常なたんぱく質が、αシヌクレインの輸送や神経細胞の機能にどう影響するか、培養細胞やショウジョウバエモデルで解析した。

細胞内のαシヌクレインは、細胞内器官に集められた後、分解されるか細胞外へ分泌される。しかしDNAJC13に変異があると、αシヌクレインが次の目的地に到達するのを阻害し、細胞内に蓄積していた。

さらにハエを使った実験で、DNAJC13に変異を持つハエにヒトαシヌクレインを過剰に作らせると、脳内に不溶性のαシヌクレインが蓄積した。また、複眼の形態異常や脳内ドーパミン神経脱落、運動機能の顕著な悪化が見られた。

長谷川准教授は、「αシヌクレインはパーキンソン病の診断基準となる原因たんぱく質。細胞から取り除いたり、うまく排出したりする薬剤の開発につながる」と話した。大阪大学大学院との共同研究。成果は英国科学誌ヒューマン・モレキュラー・ジェネティクス電子版に掲載された。

(2018/1/29 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる