[ ロボット ]

安川電機、リハビリ用アシスト装置の適用範囲拡大 脳梗塞の維持期も利用可能に

(2018/2/19 05:00)

  • ココロエAADを装着し訓練する

安川電機はロボット技術を使ったリハビリ用アシスト装置の適用範囲を広げる。これまでは脳梗塞など脳血管障害によるまひ患者の回復期のみが対象だった。これを維持期の患者にも利用できるようにする。3月から約1年間、リハビリ機能を持つ20以上の医療機関で実証実験や臨床研究を進めて科学的に検証する。

安川電機はロボット技術を使った医療・福祉関連市場の開拓を2025年の長期ビジョンの重要施策に掲げている。当面はリハビリ向けに特化して事業を軌道に乗せる。

脳梗塞の国内発症者数は年間約30万人。うち7割が65歳以上と高齢者が多い。発症から3―6カ月が回復期で、それ以降は維持期にあたる。まひが残る患者は推計で250万―300万人いるとされ、維持期の患者が大半となる。効果的なアシスト装置の提供で患者の自立支援にもつなげる考えだ。

安川電機はまひ患者のリハビリ支援向けに得意...

(残り:357文字/本文:757文字)

(2018/2/19 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録 することでご覧いただけます。

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン