[ 科学技術・大学 ]

【電子版】グリーンランド氷床下、直径36km超のクレーター発見か NASAなど発表

(2019/2/17 07:00)

  • グリーンランド北西部を覆う分厚い氷の下で見つかったクレーターらしい地形(氷を除いた図、赤い棒で囲われた部分)(NASA提供)

 グリーンランド北西部を覆う分厚い氷の下に直径36.5キロメートルのクレーターとみられる地形を発見したと、米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが発表した。近くの氷の下では直径31.1キロメートルのクレーターが確認され、昨年11月に発表されたばかり。ただ、二つの巨大な隕石(いんせき)が同時に衝突してできた可能性は低いという。

 今回の発表は衛星観測データなどの解析に基づいており、現地調査で確認されれば、地球で見つかったクレーターとしては22番目の大きさとなる。論文は米地球物理学連合の専門誌電子版に掲載された。グリーンランドや南極大陸を覆う氷床・氷河の下では今後もクレーターが見つかる可能性があり、気候変動への影響の解明が期待される。

 今回の地形は氷の表面から約2キロメートル下にあり、クレーターらしい縁から底面までの深さは約160メートル。先に183キロメートル離れた氷の下で確認されたクレーターより底が浅い。

 地球に近づく小惑星の中には2個以上が近接して集まっているものがあり、地球に隕石となって落下した場合は複数のクレーターが同時にでき、気候に甚大な影響を及ぼすと考えられる。しかし、研究チームはグリーンランド北西部のクレーターについては、上を覆う氷の年代の違いなどから同時にできた可能性は低いとみている。(時事)

(提供:NASA's Goddard Space Flight Center)

(2019/2/17 07:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる