[ オピニオン ]

産業春秋/「がん診断」

(2019/5/3 05:00)

がん研究振興財団の予測によると、2018年の男性の部位別がん罹患(りかん)率は胃、大腸、肺の15%に次いで前立腺が14%。四つで全体の59%を占める。

がん細胞は多くの糖分を取り込むため、ブドウ糖と陽電子放出核種を合成した薬剤(FDG)を注射し、陽電子放射断層撮影(PET)を使いがんを見つけることができる。だが、前立腺がんなどの診断に不向きとされる。

前立腺に接する膀胱(ぼうこう)にブドウ糖が集まり、がん細胞なのか、薬剤のせいなのかを判断しにくい。このため、患部に針を刺し細胞を取り出す検査をするが、痛みを伴い、患部を外す懸念もある。

北海道大学とPET用医薬品院内製造システムのトップメーカーの住友重機械工業、核医学医療事業のアトックス(東京都港区)がPETで前立腺がんを正確に診断する薬剤製造装置の共同開発に乗り出す。22年度に治験を始める。

具体的には、前立腺がん表面に現れる前立腺特異的膜抗原(PSMA)というたんぱく質に結合する薬剤(68Ga―PSMA)を製造する。これを使いPET診断すると前立腺がんを正確に検知する。将来、前立腺がんが首位になるとの予測もある。がん診断分野でイノベーションを起こす起爆剤となってほしい。

(2019/5/3 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる