[ オピニオン ]

産業春秋/明治維新の思惑

(2019/6/11 05:00)

明治維新は革命だったのか―。明治維新をめぐっては、いくつもの謎がある。日本だけではなく、アジアの国際秩序をも変えた大事件だったにもかかわらず、実はよく分かっていないのだ。

例えば、歴史学者の三井博氏は、著書『明治維新を考える』の中で、明治新政権が「復古」の大義を掲げながら「文明開化」なる欧化政策を推し進めたのはなぜかと問いかける。

発足した明治政府には「文明開化派」と「復古派」が存在していた。明治初年代の内部対立と西南戦争をピークとする士族反乱の背景には、この両派の対立があった。結局「文明開化派」が勝利することになる。

もっとも、明治元年から2年の間は、明治維新の当事者らは、それぞれ勝手にあるべき日本の姿を描いていた。岩倉具視にとっては、武士に政権を奪われる以前の朝廷政治を復興するという、文字通りの王政復古がその姿だった。島津久光らにとっては、自分が徳川に代わって将軍になることが明治維新だった。その久光に催促がましく見られて板挟みになって苦しんだのが西郷隆盛だ。

さまざまなビジョンがあったのだ。英国をはじめとする海外の影もちらつく。現実は誰の思惑とも違ったという見方もできなくはない。

(2019/6/11 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる