[ 医療・健康・食品 ]

【電子版】代替肉製品、14兆円市場へ伸長 ケロッグもパティ投入 ビヨンドMなど追撃

(2019/9/5 12:30)

  • モーニングスター・ファームズが2020年初頭に投入するバーガー用代替肉パティ「インコグミート」(同社提供)

 米食品メーカーのケロッグは、独自の植物由来の代替肉製品を投入する計画だ。ケロッグ傘下のモーニングスター・ファームズは、原料に非遺伝子組み換え(Non-GMO)大豆を使い、外観と風味を肉そっくりにすることを狙ったバーガー用パティ「インコグミート」の販売を来年初めに開始する。また、ベジタリアン向け鶏肉代替製品の新バージョンの提供も始める。現行製品の改良版となる。

 ケロッグのスティーブ・ケヒレーン最高経営責任者(CEO)は、「素晴らしい焼き具合に仕上がり、肉汁がしたたる」バーガーになると語る。これは米インポッシブル・フーズやビヨンド・ミートのパティが消費者から注目されることになった要因だ。ケロッグは、植物由来のバーガーを食料品店の食肉売り場で本物の肉と並べて陳列する計画。

 ケロッグは冷凍野菜バーガーを長年提供してきたが、黒豆やキノコなどから作られたパティは肉のような味を追求したものではなく、新規参入組の製品と比べ時代遅れに見える。新製品投入により、代替肉を食べることで牛肉の消費を減らしつつある「緩やかな菜食主義者」である消費者の心をつかんだインポッシブル・フーズやビヨンド・ミートの追撃を図る。

 消費者は代替肉を牛肉よりも健康的で環境に優しいと考えており、代替肉の需要は急拡大している。バークレイズは、今後10年で市場規模が世界全体で1400億ドル(約14兆9000億円)に達すると予測している。(ブルームバーグ)

(2019/9/5 12:30)

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる