社説/トヨタ・NTT資本業務提携 GAFAの背中を越えてゆけ

(2020/3/25 05:00)

巨大企業同士の提携が与える影響は大きい。デジタル化で立ち遅れる日本が、世界でふたたび存在感を示せる基盤を作り上げてもらいたい。

トヨタ自動車とNTTは24日、スマートシティーの実現へ長期的・継続的な協業関係を構築すると発表した。同時に相互に2000億円ずつ出資する資本提携にも踏み込んだ。

両社は生活、ビジネス、インフラ・公共サービスなどすべての領域を網羅した「スマートシティープラットフォーム」を共同で構築。まずトヨタが静岡県裾野市で開設するスマートシティーと、東京都港区品川駅前のNTT街区で活用を始め、将来は他都市や海外へ展開させる。

両社が目指すのは、グーグル、アップルなどのいわゆる「GAFA」や中国とは一線を画した、新しいデータ活用によるデジタル社会の仕組み作りだ。

あらゆるモノがネットにつながる時代には、そこから得られるデータの価値が格段に高まる。GAFAはデータを独占し、関連サービス企業がそこに参加せざるを得なくする巨大プラットフォーマーとして世界市場に君臨する。中国は政府が個人情報を把握し徹底的に管理する、官製プラットフォーマーとして、独自の道を突き進む。

両社はデータの活用について、人が中心にあることと、囲い込みではなくオープンな姿勢で協業するという基本的な理念を掲げ、今後賛同者を集めていく。澤田純NTT社長は「GAFA対抗という意識はある」とし、豊田章男トヨタ自動車社長は「NTTとトヨタが日本を背負うという気概でプラットフォームをつくる」と述べるなど、GAFAや中国が独占するデジタル社会の未来に危機感を持ち、対抗勢力として取り組む決意を示した。

今回の提携の強みは、自動車というモノがあることだ。GAFAはデジタル技術はあるが、リアルのモノの世界には弱い。今後さまざまな業種の企業が、思いに賛同して集結すれば、真のGAFA対抗軸となり得るかもしれない。提携の成果は日本の成長にも直結する。

(2020/3/25 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる