社説/テレワークの長期化 デジタル変革を前進させよ

(2020/3/31 05:00)

長期化するテレワークを非常時の暫定措置に留めず、全社業務の見直しを伴うデジタル変革(DX)につなげる契機ととらえたい。

新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、社内規程もないままにテレワーク導入に踏み切った企業は数多い。急な要請に対して、徹夜で対応したIT部門も多く、現場はいまだ混乱気味。コロナ対策が長丁場の様相となり、IT活用に出遅れていた中小企業などもテレワークに腰を据えて向き合わねばならなくなっているのが現状だ。

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)の調査(全878社が対象)によると、働き方改革を経営目標とする企業は「検討中」を含めて全体の8割を占めたが、テレワークなどのシステム導入は「実施中」が3割弱、「検討中」が3割強に留まる。テレワークは働き方改革のツールとしての期待は高いが、まだ道半ばといえる。

ただ、この調査は新型コロナ前の状況を反映した結果であり、急を要する今ならば実現可能な部門から、テレワークやクラウド利用の拡大を進め、業務のデジタル化をもう一段推し進めることは可能だ。

DXの本丸に踏み込むには、経営としての覚悟が不可欠。書面やファクシミリなどの紙ベースの業務の見直しが不十分な中で、テレワークが長引くと、業務効率が上がらずコスト高になるからだ。

現状を踏まえれば、社内会議などで会社に無理やり集まるよりも、遠隔からテレワークで会議に参加したり、在宅で勤務したりすることへの抵抗感は少ない。情報共有向けITツールは用途ごとに自由に選べば良い。電子署名などの外部サービスを活用し、契約書を含むすべての取引文書を電子化すれば、出遅れ気味の中小企業のDXが大きく前進するとの指摘もある。

2023年には消費税の仕入税額控除の方式として、「インボイス制度」の導入が控え、その先には「電子インボイス」に伴う帳簿の電子化が俎上(そじょう)に乗る。そこも見据え、すべてを電子化する気構えで臨むべきだ。

(2020/3/31 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる