産業春秋/こし・つぶ論争

(2021/5/5 05:00)

5日はこどもの日。この日の祝いにかしわ餅を供するのは日本独特の風習だ。同じ端午の節句の供物でも、ちまきは地方ごとの差が大きい。かしわ餅のイメージは定着している。

ただ餅の中に入るあんこの好みは、人それぞれだろう。かしわ餅は江戸が発祥。一般に関東では「こしあん」が主流で、他地域の多くは「つぶあん」の方に人気があるとされる。

「こし・つぶ」は尽きない論争だが、時代を経るにつれて情報が共有されてきたようだ。今川焼き(回転焼き)やたい焼き、どら焼き、きんつばなどは、ほぼ「つぶ」。一方で「日本三大まんじゅう」の『志ほせ饅頭(まんじゅう)』(東京)、『薄皮饅頭』(福島)、『大手まんぢゅう』(岡山)や、知名度の高い『赤福餅』は(三重)などは「こし」。

食品メーカーの視点では「こし」の方が製造工程が多く、なめらかにする手間もあるのでコスト的に不利なのだそうだ。それでも価格に差はつけない。

現代のかしわ餅はコンビニやスーパーに販路が広がり、後発の「みそあん」や、特産物を取り入れた新開発の商品も増えた。供物としてのいわれは“子孫繁栄”。手近な店でひとつ買い求め、コロナ禍をふきとばすパワーをもらってはいかが。

(2021/5/5 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる