産業春秋/不都合な真実

(2021/11/30 05:00)

「不都合な真実」。アル・ゴア元米副大統領が主演したドキュメンタリー映画のタイトルだ。内容の一部には誇大表現との指摘もあるが、地球温暖化問題を世界に周知させる効果があったと言われる。

新型コロナウイルス感染症においても、不都合な真実が現実となりつつある。南アフリカで新たな変異株「オミクロン株」が検出された。すでに欧州や北米など世界で感染者が発見されている。

コロナ感染対策の本命であるワクチン接種率が、南アで20%強、アフリカ全体では数%にとどまっている。先進国はアフリカへのワクチン寄付を表明したものの、コロナ感染の長期化から自国で3回目の接種を次々と始めている。

約束したアフリカへの寄付が、十分に進んでいない国もあるという。アフリカでのワクチン接種の遅れが感染者の増加を招き、結果として変異株出現を引き起こしたのなら、不都合な真実と言わざるを得ない。

オミクロン株は変異の度合いが従来より大きいとみられるが、感染力やワクチン効果、治療薬の効き目などまだまだ不明な点も多い。いずれにしろ、世界全体でコロナ感染を抑制しなければコロナとの戦いは終わらないことだけは「厳然たる真実」だ。

(2021/11/30 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる