産業春秋/日本語ではダメなのか?

(2022/5/13 05:00)

カタカナ言葉の氾濫が気になる。サステナブル(持続可能性)までは許容できてもレジリエンス(復元力)は日本語ではダメなのか。クラスター(集団感染)、ロックダウン(都市封鎖)、オーバーシュート(爆発的感染)。

いずれも新型コロナ関連だ。事態を深刻化させたくない意図があるのではと勘ぐりたくなる。ちなみにインフルエンサーはインフルエンザ感染者ではなく、いま主流の用法は「社会に大きな影響を与える人物」だ。

言葉は時代の空気を映し出すにしても、問題の深刻さや本質を覆い隠す呼称には違和感を覚える。例えば「ヤングケアラー」。日常的に家族の世話や介護をする未成年。学習機会や子どもらしく無邪気に過ごせるはずだった時間を奪われている。

厳しい実情に社会の目が向けられることには意義がある。だとしても、その呼称はあまりに軽くはないか。こうした中、東京都が「育児休業」のイメージを一新する愛称を募集している。

「休み」と捉えるのではなく「社会の宝を育む貴重な期間」と捉えようとする問題意識は理解できる。単に耳障りだけでなく、核心を突いたネーミングの誕生を期待しつつ、自分ならばどう呼ぶだろうかと考えている。

(2022/5/13 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる