産業春秋/ロシアの頭脳流出、日本は?

(2022/6/16 05:00)

ソ連時代の末期、ゴルバチョフ政権は軍需生産の民需転換を進めようとした。だが軍事技術はコスト感覚がゼロに等しい。民生部門のニーズと全く合致しなかった。

軍民転換は遅々として進まず、科学技術の研究者は50万人強減少した。新生ロシアになると市場経済化で興隆しつつある流通、金融、保険などへの転職が増加。「国内頭脳流出」と呼ばれる現象が続いた。

ロシアのウクライナ侵攻を機にIT技術者の「国外頭脳流出」がやまない。国際的に孤立を深め、言論統制が強まる国に展望を持てないとみたのか。プーチン政権は兵役の延期で流出を食い止めようと躍起だ。

翻って日本は基礎、応用とも研究力の低下が叫ばれて久しい。岸田文雄政権は成長戦略の柱として10兆円規模のファンドで世界最高水準の研究力を目指す大学への支援を打ち出した。科学技術立国への道を開きたいが、対象が旧帝大など一部の大学に限られないか気がかりだ。

イノベーションは予測不可能な要素がある。「選択と集中」が常に有効とは限らず、まずは広く種をまくことが肝要だ。地方の国立大や私立大で個性豊かな研究成果が出始めている。ロシアの頭脳流出は対岸の火事であってほしい。

(2022/6/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン