コマツ、GMと水素燃料電池を開発 ダンプトラック向け

(2023/12/13 17:00)

コマツは13日、米ゼネラル・モーターズ(GM)と、ダンプトラック向け水素燃料電池で共同開発契約を結んだと発表した。2020年代半ばをめどに、コマツの米アリゾナ試験場でプロトタイプの実証試験を始める。水素燃料電池はカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)達成の有力手段であるリチウムイオン電池(LiB)と比べ充てん時間が短くて済む利点がある。GMは水素燃料電池技術を50年以上にわたり研究しており、同社の知見を鉱山ダンプに生かす。

  • 超大型ダンプトラックの930E型

アリゾナ試験場では約290トンの積載能力を持つ超大型ダンプトラック「930E」にGM製のハイドロテック水素燃料電池を搭載し試験を行う計画。ハイドロテックは2メガワット以上の大出力タイプを搭載する。

鉱山ダンプや鉱山ショベルは24時間稼働など過酷な条件で使われることが多く、パワーと同時に充電などによる時間ロスをいかに短くするかがポイントになる。

水素燃料電池はLiBより時間ロスが少ない利点はあるが、水素充てんのインフラ整備が課題。ただ鉱山では1カ所の鉱山のみでダンプが製品寿命を終えることが多く、車両台数に合わせた水素充てんインフラが準備しやすい。

(2023/12/13 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン