大企業製造業の景況感、3期連続改善 12月日銀短観

(2023/12/13 17:00)

生産回復の車けん引

日銀が13日発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)が9月調査比3ポイント改善のプラス12だった。改善は3期連続。自動車生産の回復や価格転嫁の進展などを受け、幅広い業種で改善した。大企業非製造業もコロナ禍の影響緩和により同3ポイント改善のプラス30で、1991年11月以来の高い水準となった。上昇は7期連続。

業況判断DIは景気の現状について「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を差し引いた値。

大企業製造業の業種別では、生産台数が回復した「自動車」が同13ポイント改善のプラス28で、2014年3月以来の高い水準となった。自動車の生産回復に伴い、「鉄鋼」や「非鉄金属」「はん用機械」「電子機械」も改善。素材産業は価格転嫁の進展も業況改善に寄与した。

大企業非製造業の業種別では「宿泊・飲食サービス」が経済活動の回復やインバウンド(訪日外国人)増で同7ポイント改善のプラス51。「対個人サービス」も同4ポイント改善のプラス28だった。

中小企業製造業の業況判断DIは同6ポイント改善のプラス1。改善幅は大企業製造業よりも大きく、中小企業にも価格転嫁の動きが広がっているとみられる。

23年度の設備投資計画は、大企業全産業で同0・1ポイント減の前年度比13・5%増とほぼ横ばい。このうち製造業は同1・7ポイント減の同17・9%増、非製造業が同0・8ポイント増の同11・0%増だった。

先行きのDIは大企業製造業が最近より4ポイント悪化のプラス8、同非製造業が同6ポイント悪化のプラス24と低下の見通しが示された。海外経済の減速や人手不足、人件費上昇を懸念する声がある。

(2023/12/13 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン