産業春秋/哲学者・井上円了のAIに聞く「AIとの共存は?」

(2024/5/31 05:00)

哲学者・教育者で東洋大学の前身「哲学館」を創設した井上円了。そんな哲人の思想が生成人工知能(AI)で再現されたと聞き、同大情報連携学学術実業連携機構での内覧会を覗(のぞ)いてみた。

円了が「四聖」と呼んだ釈迦(しゃか)、孔子、ソクラテス、カントという哲学史上の偉人のAIと音声でやりとりできる趣向。6月1日まで3日間のイベント「井上円了AIワンダーランド」で一般公開している。

試しに人間とAIはどう共存すればいいか尋ねると、画面上の四聖が自分の考えを順に披露。最後に「人間はAIから効率性や合理性を学び、AIは人間から創造性や倫理観を学ぶ。教育を通じて両者ともに成長できる環境を整えることが重要だ」と司会役の円了の像が議論をまとめた。

「AIにできうる限り大量の情報を入力し討論できるようにした。テレビなどでのパネルディスカッションにも使えるのでは」。システム開発を主導した坂村健機構長は笑う。

確かに創造性の部分ではAIよりまだ人間に分があるとみられるが、今後は分からない。AIの知恵も借りつつ生身の頭で考え抜き、円了のAIが示したように独創的な発想を一緒に生み出すことが人間の新たな役割かもしれない。

(2024/5/31 05:00)

この記事は下記の「Journagram」にも掲載されています→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン