産業春秋/物流の課題、24年問題だけでない

(2024/6/4 05:00)

自動車運転業務の時間外労働時間の上限規制が始まってから2カ月。物流の2024年問題の現場はどうなっているのだろう。4月以降も荷主との運賃交渉に苦労する運送業者の話は耳にするし、トラックの荷待ちの列も見かける。

日本ロジスティクスシステム協会が行ったトラックドライバーの意識調査では時間外労働960時間規制を知らないとの答えが22%あった。調査対象は関西圏の運送事業者3社で、従業員数は10―30人台。中小事業者があちこち走り回る運転手に、組織的に認識させるのはハードルが高いようだ。

調査を行ったのは3月末。その後、周知徹底されていると思うが、上限規制を知っている運転手は、収入減や忙しくなる(業務の密度が高くなる)ことを不安に感じている。

運転手不足の中で、上限規制を順守するのは容易でない。しかし、その不安に応えていかなければ運送事業は成り立たない。やはり運送事業者の元請け・下請けの構造の改革、荷主の理解・協力が必要だ。

政府はカスタマーハラスメント対策に乗り出している。物流でも、宅配業者などが暴言などの被害を受けている。旧来の物流の取引慣行をいかに是正するか、課題は一つではない。

(2024/6/4 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン