社説/WTI相場、初のマイナス 市場の安定へ世界は協調を

(2020/4/22 05:00)

原油価格が急落した。このままでは、世界経済の先行きに大きな影を落としかねない。産出国、消費国が連携して、市場の安定に乗り出すべき時だ。

20日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場で、米国産標準油種(WTI)の先物相場が、一時マイナス40ドルに急落した。売り手が買い手にカネを支払うという例のない事態。マイナス相場も史上初めてのことだ。

新型コロナウイルス感染症の世界的流行(パンデミック)で、世界経済が急激に停滞し、原油需要が大幅に低下した。さらに需要の下降時に行われるべき減産で、産油国の姿勢が一致せず、適切な減産行動が取れていないことが相場の下落に拍車をかけた。

中東産油国などによる石油輸出国機構(OPEC)と、ロシアなど非OPEC国は日量970万バレルの減産で合意したが、国際エネルギー機関(IEA)が公表した需要予測は、4月が前年同月比日量2900万バレルの減少、5月は同2600万バレル減少で、合意した減産幅をはるかに上回る深刻なものだった。

WTIがマイナス相場となったのは、米国の石油備蓄容量が不足しており、先物取引の投資家が、原油の引き取りを嫌気して投げ売りにでた結果だ。今や世界最大の産油国となった米国だが、需給調整機能が脆弱なリスクが顕在化したともいえる。

原油相場の急落は、長引けば金融市場を毀損し、世界経済全体にも多大な悪影響を及ぼす。事態の収拾には、産油国がさらに減産に踏み切ることが必要だ。消費国も安定へ協力する姿勢が欠かせない。

10日に開催したG20エネルギー相会合は、市場の安定へ「必要なあらゆる措置を講じる」ことで合意した。今こそ合意を実行に移すときだ。必要なら、産油国と消費国による緊急協議も開催するべきだろう。世界が連携して対応しなければならない事態だ。中でも米国が当事者として、解決策を提示する責任を負っている。主要な需要国である日本は、積極的に調整役を果たすべきだ。

(2020/4/22 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる