産業春秋/ウクライナが日本に求める防空システム

(2024/2/28 05:00)

ロシアのウクライナ侵攻から2年。欧米の支援疲れもささやかれるが、セルギー・コルスンスキー駐日ウクライナ大使は27日に日本記者クラブで会見し、「停戦はない」とあくまでも戦い続ける意志を示した。

「ウクライナを完全に消滅させようとする妄想と交渉はできない」と言い切り、戦いは「東アジアや中東の安定化のためでもある」と訴えた。

ロシアは北朝鮮から武器の供与を受け、中東ではイランと手を組む。停戦は各地でロシアを助長させるだけで、日本においても北方領土問題を正当化する理由にしかならないと指摘する。

2年前の侵攻時には首都キーウまで迫られた。それを押し戻し、この1年半は南部・東部で一進一退の状況にある。停戦はなく「ロシアをウクライナから追い出さなければ戦争は終わらない」と強調する。ただ、それには十分な兵器が必要と言う。武器輸出に制約がある日本にできる支援は何か。

ウクライナが求めるのは「第1に防空システム。これは殺傷兵器ではなく命を守るためのもの」と日本政府に働きかけている。地雷除去技術にも期待する。民間も含めた復興支援の機運に感謝を示すが、それは先のこと。命を守る支援こそ急ぎたい。

(2024/2/28 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン