産業春秋/一転してプラス成長も、23年10―12月GDP修正へ

(2024/3/5 05:00)

2023年10―12月期の実質成長率がプラス成長に上方修正される可能性がある。内閣府が2月15日に発表した速報値はマイナス0・4%(年率換算)とマイナス成長だった。だが11日に発表予定の改定値では、一転してプラス成長に修正されるか注目したい。

内閣府の速報値では設備投資と個人消費がともに3四半期連続で前期比で減少し、実質成長率は2四半期連続でマイナス成長とされた。だが財務省が4日発表した23年10―12月期の法人企業統計によると、設備投資(金融を除く)は前年同期比で16・4%増と大幅に増加していた。

内閣府は11日に発表する改定値にこの傾向を反映させる。ニッセイ基礎研究所によると、設備投資は速報値の前期比0・1%減を同2・8%増に、実質成長率(年率換算)をマイナス0・4%からプラス1・1%に上方修正すると予測する。

全産業(金融を除く)の同期の経常利益は同13・0%増。半導体関連を中心に意欲的な投資が示された。

4日の東京株式市場の日経平均株価が初めて4万円を突破した。株高と実体経済のかい離が指摘されていたが、旺盛な設備投資は株高を裏付ける。残る懸念は個人消費。24年春季労使交渉(春闘)への期待が高まる。

(2024/3/5 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン