環境・エネルギー ニュース

(2017/9/13 05:00)

7月の環境装置受注、15%増の606億円−官公需伸びる

日本産業機械工業会が12日発表した7月の環境装置受注実績は、前年同月比15・5%増の606億1400万円で3カ月連続の増加となった。官公需は汚泥処理装置と都市ゴミ処理装置、事業系廃棄物処理装置の増加により同2・0倍の542億2900万円。一方、民需は食品と化学向けの産業排水処理装...

防災訓練/関電、大飯・高浜原発の事故想定

【福井】関西電力は12日、福井県内の大飯原子力発電所(おおい町)と高浜原子力発電所(高浜町)の2原発で、岩根茂樹社長ら経営幹部、発電所員らによる防災訓練を実施し...

続きを読む

防災訓練/大阪ガス、小売りとの連携確認

大阪ガスは12日、琵琶湖西岸で震度7の地震が発生したことを想定し総合防災訓練(写真)を実施した。ガス小売り全面自由化後の都市ガス事業の災害対応として、導管事業者...

続きを読む

住商、電車の回生電力を電動バスに−さいたま市で実証

住友商事は12日、電車がブレーキをかけた際に生じる回生電力を電動バスに利用する実証実験をさいたま市で始めると発表した。余剰の回生電力を蓄電池にためて急速充電器で...

続きを読む

トーエネック、工場用省エネ支援システム発売−待機電力・電気代削減

【名古屋】トーエネックは樹脂部品成形工場向け省エネ支援システム「みえるプラス」を発売した。樹脂材料を溶かすヒーターの待機電力削減と、射出成形機のピーク電力抑制で...

続きを読む

ちょっと訪問/イームル工業−新市場開拓へジャンプ

イームル工業は出力2万キロワット以下の中小水力発電プラントメーカー。再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)導入で、水力発電設備の改修需要が急増している。 ...

続きを読む

環境・エネルギーニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン