化学・金属・繊維 ニュース

(2019/5/13 05:00)

旭化成と住化、素材開発でMI導入拡大

旭化成や住友化学は、人工知能(AI)を用いて素材開発を効率化する手法「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」の導入を拡大する。2019年度からの中期3カ年計画で、住友化学は全事業領域でMIを活用できる体制を整備。旭化成は研究開発だけでなく、顧客と接する営業ともMIで連携を始め...

日本触媒子会社、アクリル酸の設備増強 JBIC、105億円融資

国際協力銀行(JBIC)は、日本触媒のインドネシア子会社であるニッポンショクバイ インドネシア(NSI、チレゴン市)と9600万ドル(約105億円、JBIC分)...

続きを読む

旭化成の通期見通し、小幅営業減益 アクリロニトリルの交易条件悪化など響く

旭化成の2020年3月期連結業績の営業利益は、前期比2・2%減の2050億円となる見通しだ。アクリロニトリル(AN)の交易条件悪化などにより石化関連で166億円...

続きを読む

関ペの通期見通し、海外好調で増収増益 コスト削減効果など反映

関西ペイントの2020年3月期連結決算業績予想は、インドとアジア地域の塗料販売の好調に加え、アフリカ事業のコスト削減効果が反映され、営業利益は前期比13・0%増...

続きを読む

住友鉱の今年度設備投資、52%増724億円 資源・製錬に重点

住友金属鉱山は2019年度の設備投資額を前年度比52・7%増の724億円に設定した。大型設備投資案件のほか、海外製錬所の環境投資や国内外の工場の維持管理費などが...

続きを読む

【電子版】英豪リオ・ティント、米キャタピラーから無人トラック20台購入

【シドニー=時事】英豪系資源大手リオ・ティントは7日、オーストラリア北西部の鉄鉱石主産地ピルバラ地区で開発中の新たな鉱山「クダイデリ」で使用する無人トラックを、...

続きを読む

化学・金属・繊維ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい組込みシステムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい組込みシステムの本

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる