INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 自動車・輸送機 ]

トヨタなど車各社、スポーツモデル拡大 “運転の楽しさ”訴求(動画あり)

(2017/11/2 05:00)

  • 東京モーターショーのスバルのブースにはトヨタの豊田社長がサプライズ訪問

乗用車各社がスポーツタイプモデルのラインアップを強化している。市販車をベースとした身近なモータースポーツ活動を強化するとともに、その成果をスポーツタイプ商品の開発にフィードバックする手法が目立つ。クルマの付加価値を高める一つの方法として確立した感がある。

5日まで開催中の東京モーターショー2017。プレスデー2日目の10月26日にはSUBARU(スバル)のブースにトヨタ自動車の豊田章男社長が現れ、スポーツセダン「WRX STI」の特別仕様車のハンドルを握ってみせた。「四輪駆動車でターボエンジンを積んだこのクラスの車はトヨタにはない。ラリーの練習に使って頂いているようです」と、スバルテクニカインターナショナル(STI、東京都三鷹市)の森宏志取締役開発本部長。

スバルはスポーツブランドのSTIの活用を付加価値向上策の柱に据える。「スバルが提供する『安心と愉しさ』の愉しさを高めるのがSTIの役割」(森取締役)と、位置づけは明確だ。モーターショーでは、WRX以外に「BRZ」のSTI仕様を出品した。

豊田社長のクルマ好きというキャラクターがすっかり定着したトヨタも、モータースポーツ活動を強化中。東京モーターショーには世界ラリー選手権(WRC)や世界耐久選手権(WEC)への参戦車を展示。併せて、ラインアップ強化を打ち出した市販車のスポーツモデル「GRシリーズ」の各車を並べた。

「クルマは単なる移動手段ではない。その楽しさをアピールしたいということ」と、トヨタの小島正清GRモータースポーツ開発部長は話す。今回は電気自動車(EV)へのシフトが注目されるだけに、EV化でクルマがコモディティー(汎用品)化してはまずい、エンジン車の魅力を訴えたいという。

一方、EVでのモータースポーツ強化を打ち出したのが日産自動車。EVによるレース「フォーミュラE」に18年末から参加すると発表した。製品面では新型EV「リーフ」のモータースポーツタイプ「リーフニスモコンセプト」を出品した。

「EVといえば環境に良い落ち着いた車というイメージがある。だが加速性能の高さなど、EVならではのスポーティーさ、エキサイトをもたらす要素があるはずだ」。日産自動車の山根真アドバンストデザイン部デピュティジェネラルマネージャーは訴える。

モータースポーツと一口に言っても、力を入れる分野は各社の戦略によって微妙に異なる。乗用車開発にどう取り入れられていくか各社のアウトプットが注目される。

(2017/11/2 05:00)

関連リンク

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水素の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水素の本 第2版

経営者は遊び心を持て
~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

経営者は遊び心を持て ~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 
企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい小売・流通の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい小売・流通の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン