社説/新型ウイルス感染拡大 休業も視野にまん延阻止対策を

(2020/2/27 05:00)

新型コロナウイルスの国内感染が拡大している。まん延阻止に、企業はもう一段取り組みを強めるべきだ。

一部の地域ではクラスター(集団)感染も発生している。政府は今後2週間が正念場とし、連日対策を打ち出している。26日には梶山弘志経済産業相や加藤勝信厚生労働相、赤羽一嘉国土交通相が、経団連の中西宏明会長や日本商工会議所の三村明夫会頭らと会談し、感染防止への協力を直接要請した。

産業界も、通勤ラッシュを避ける時差出勤や在宅勤務(テレワーク)への取り組み強化に動いている。

資生堂は感染者が発生していない段階でも国内全従業員8000人を在宅勤務とした。ユニ・チャームも国内事務部門など2000人規模で在宅勤務を行う。先行して取り組んだNTTコミュニケーションズは、毎日5000人規模で在宅勤務が選択されている。

ただ多数の企業は、社員に取り組みを促すものの、実施の判断は部門や社員自身に委ねており、実行が伴っていないところもあるようだ。会社が明確な指示を出し、取り組みが進むようにしていくべきだ。

在宅勤務でも事業継続が可能であるのが望ましい。大企業が大幅な在宅勤務に踏み出せるのは、情報共有システムやセキュリティー確保など従前から対策ができていたからだ。

一方で、中小企業などは対応が遅れているところも多い。企業が現時点で最優先すべきは、ウイルスのまん延阻止であり、そのためには、一部の事業は休業・中断という判断にも踏み込まざるを得ないのではないか。万一感染爆発という事態となれば、すべての機能が停止し、封鎖された中国・武漢のような対応を迫られる危険性もある。

各社が、どうしても継続が必要な事業と、延期が可能な事業を仕分けし、出社に必要な社員数を絞り込むなど、自社でやれることを考え、実行する段階に来ている。これから2週間をどう乗り切るか、経営者が覚悟を持って対応に取り組んでもらいたい。

(2020/2/27 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる