社説/東電に是正措置命令へ 徹底究明で組織風土を改革せよ

(2021/4/9 05:00)

東京電力ホールディングスの柏崎刈羽原子力発電所の再稼働が読めなくなった。再稼働前に“病巣”が見つかったことを前向きに捉え、誰もが納得する組織風土を含めた改革を成し遂げるしか道はない。

再稼働に向け準備を進めてきた柏崎刈羽原発で、侵入検知の設備が故障した状態が続いたり、所員が他人のIDで中央制御室に入室するなどの事態が相次いだ。原子力規制委員会は核物質防護事案で最も深刻なレベルとし、核燃料の移動を禁ずる命令を出す方針を決めた。

東電は弁明せず再稼働時期は事実上白紙に戻った。東電は9月23日までに社内調査と第三者の評価を経て、原因究明と再発防止策を提出、規制委員会の再検査を受けることになり、最短でも1年以上かかる見込み。

「他電力で起きないことがなぜ東電では起きるのか、何かがおかしい」―。小早川智明社長は7日の会見で危機感をあらわにした。福島第一原発事故から10年、「福島への責任貫徹」を経営の一丁目一番地とし改革を進めたが、社内に十分に浸透していなかったことを意味する。

今回の事態は、かつてのデータ改ざんや隠蔽(いんぺい)といった悪質性はないにしても、大事故やテロと背中合わせの原発に対し、責任感と意識が低すぎると言わざるを得ない。そのことの方が問題の根は深い。

7日に東電が発表した原因分析の視点に「なぜ、設備の点検・保守が速やかに行われなかったのか?」「なぜ、厳格な警備業務を行えなかったのか?」などが並んでいる。ただ、社内調査で真の原因にたどり着けるだろうか。

トヨタ自動車には「なぜ5回」という考え方がある。「問題が生じたら、なぜを5回繰り返し、真因まで突き止めることで再発させない」というものだ。愚直になぜ、なぜと深く探っていくことで、真因に行き着く。

初期段階から外部の目を入れることも重要だ。小早川社長は「どんな調査をするか進め方の段階から、第三者の視点を取り入れたい」と言う。その方法を誤ることは許されない。

(2021/4/9 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる