[ ロボット ]

清水建設など、廃炉調査にヘビ型ロボ−がれきの隙間進入 

(2017/5/3 05:00)

  • 体をくねらせるようにして、がれきの隙間に進入するヘビ型ロボ「ACM―R4.3」(清水建設提供)

清水建設とハイボット(東京都品川区)、東京工業大学は、がれきの隙間から進入して内部を調査するヘビ型ロボット「ACM―R4・3」を開発した。5対10個の車輪を持ち、体をくねらせるように隙間に進入する。東京電力福島第一原子力発電所の屋上の調査に投入し、がれきの重なり具合を明らかにした。今後、がれきを崩さずに取り除く上で重要な知見となる。

ヘビ型ロボは全長1・5メートル、直径13センチメートルで、おわん型の車輪が機体の左右に配置され、毎分1・5メートルの速度で進む。先頭にカメラと発光ダイオード(LED)照明を搭載し、内部の様子を撮影する。

ヘビ型ロボを原発に届けるガイドパイプと電源などの投入装置は、クレーン車で原発上空につるす。ガイドパイプなどは上空で回転してしまうため、ファンを設置して風を送って回転を制御する。ヘビ型ロボは遠隔操縦で走行し、投入装置から半径約30メートルの範囲を調査できる。

福島原発では使用済み燃料プールから燃料棒を取り出すために、崩落した屋根を取り除く必要がある。鉄骨やコンクリート板などが複雑に積み重なっており、がれきを崩さずに除去するには、がれきの支持点や、支持点への力のかかり具合などを調べる必要があった。

(2017/5/3 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン