ロボット ニュース

(2018/1/12 20:00)

【電子版】今年の産業用ロボット生産額、1兆円の大台へ 工業会が見通し

日本ロボット工業会は12日、2018年の産業用ロボットの生産額が初めて1兆円の大台に乗るとの見通しを発表した。17年は前年比28%増の9000億円となる見込みで、実現すれば2年連続で過去最高を更新する。人手不足などを背景に世界で工場の自動化需要が拡大。特に中国の伸びは顕著で、主力...

因幡電機、大阪・東京にロボ展示室 実演テスト・貸し出し

因幡電機産業は産業用ロボットやロボット周辺機器に特化した展示拠点「ロボットセンター」を大阪市内に開設した。東京都内にも同様の拠点を4月めどに設置する。実演や搬送...

続きを読む

インタビュー/カタリアヘルスCEOのコーリー・キッド氏「“医師の補助役”に」

米国のベンチャー企業のカタリアヘルスは心理学やヒューマンインタラクションなどの諸技術を組み合わせた対話型健康管理ロボット「Mabu(マブ)」を開発した。米国では...

続きを読む

NEDOの挑戦(17)コンテスト方式によるAIベンチャーの研究開発支援

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、人工知能技術戦略(2017年3月31日 人工知能技術戦略会議 とりまとめ)の具体的なアクションの一つとして、...

続きを読む

ユニロボット、個人向け対話ロボ発売 AI・深層学習で会話上達

ユニロボット(東京都渋谷区、酒井拓社長、03・6276・6107)は、コミュニケーションロボット「unibo(ユニボ)=写真」について、個人向け機種を12日に発...

続きを読む

長谷工シニアHD、対話ロボの介護予防体操アプリ 「ナオ」版開発

長谷工シニアホールディングス(東京都港区、浦田慶信社長、03・5427・6480)は、コミュニケーションロボットを使った介護予防体操のアプリケーション「NAO(...

続きを読む

ロボットニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

“サイズ公差”と“幾何公差”を用いた機械図面の表し方

“サイズ公差”と“幾何公差”を用いた機械図面の表し方

電験三種 合格の数学 第3版
-これでわかった電験の数学-

電験三種 合格の数学 第3版 -これでわかった電験の数学-

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン