産業春秋/円高の進行、限定的との見方も

(2023/11/22 05:00)

21日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=147円台に突入した。1週間前の13日は、約33年ぶりとなる同152円に迫る円安だった。一気に5円程度も円高に傾いたことになる。

米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ打ち止め観測が市場に広がったことが円買いを誘った。米国の10月の消費者物価指数は前年同月比3・2%の上昇と、市場予測の3・3%上昇を下回った。インフレ抑制の利上げ観測はすっかり後退した。

ただ市場は日本経済の弱さを見透かしており、円高は限定的との見方も。日本の個人消費は力強さを欠き、貿易収支も赤字基調で円安に傾きやすい。

そもそも日本企業にとって、望ましい円相場とは。東京商工リサーチによると、2022年末に「1ドル=120円以上125円未満」を「望ましい円相場」と回答した企業が最も多かった。23年は年初の円相場が同129円台、足元では年初より18円も円安水準にある。

全米自動車労働組合(UAW)が1カ月半にわたり行った「ビッグ3」のストライキ。4年半で25%の賃上げを勝ち取った。円安につながるインフレ再燃の引き金とならないか。米国の物価がこのまま落ち着くのか、しばらく見極めたい。

(2023/11/22 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン